地元を厚く!熱く!する!地元の事ならニュースウィズ

2020年三月にタレントの志村さんがお亡くなりになられました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
その頃はまだコロナについて情報も少なくお別れの会をすることも危険であると判断されていたと記憶しています。
葬儀に参列できず、寂しい思いをされた方も多かったと思います。
ただ、そういった事が悪い印象として刷り込まれたことで、葬儀を執り行うこと自体が悪い事と感じてしまわれることになったことも非常に残念でした。
「お葬式は一期一会」
それなのにご家族が案内を控えることはとても寂しい事だと思います。
お葬儀は配慮を怠らなければ、決して密になる空間ではありません。
体調の優れない方には参列を控えていただき、
マスクを着用、入り口での手指の消毒、アクリル板の設置、お席の間隔を十分にとり、
お経の間はご遺族のみのお焼香とし、参列された皆様には間隔をあけ、ゆっくりお焼香をしていただきます。
その際には極力会話をお控えいただき、こちらからのお声かけも控えます。
安心して皆様がお越しいただける場所を我々は精一杯作って参ります。

先日1000人を越える社葬を執り行いました。普段は1時間で行う会を2時間かけ、皆様には分散してご参列いただきました。
順次お焼香のみをしていただき、弔辞は控えました。
コロナ禍の中、社交の場がなくなり、会話が減った中、久しぶりの方々が顔を合わす。
我々が「順路を整然と保ち続けること」で皆様の気持ちが律しられて安心感のあるお別れの会が実施できたと思います。
様々な方にお世話になって、出会い、気づき、学び、お別れがある
素晴らしい仲間、恩師との出会いで今がある、感謝する機会がコロナで作りにくくなっている
皆様がお参りしやすい場所を誠意を持って作り上げていきたいと思います。

【葬儀業「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」(5月29日制定)】
新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインについてのお知らせ
このたび、新型コロナウイルス感染症により、亡くなられた方に謹んでお悔やみ申し上げます。
罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。
今般、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針の決定に基づき、
葬儀業における新型コロナウイルス感染予防対策を行う際の基本的事項について、
内閣府、経済産業省等各省庁のご協力により、ガイドラインとしてとりまとめました。

全日本葬祭業協同組合連合会 https://www.zensoren.or.jp/
葬儀業ガイドライン https://www.zensoren.or.jp/download/index/sougi_guideline_20200529.pdf

新型コロナウイルス感染防止ガイドライン実施宣言 ウイルス感染予防措置として「換気実施中」 お客様へのお願い「安全にお葬儀を行うためのご協力とご理解をお願いいたします」 ※我々が感じたコロナ対策に対する徹底した対応 ■葬祭業者用遵守チェックリストの取り扱い 10種の大きなテーマを設け、全77項目のチェックリストを都度チェックされ業務にあたられている 1.葬儀の事前相談等における対策 2.病院へご遺体を引き取る際における対策 3.搬送・納棺の際における対策 4.ご遺族との打ち合わせの際における対策 5.通夜、葬儀施行の際における対策 6.搬送・送迎の際における対策 7.火葬の際における対策 8.葬儀、火葬後における対策 9.従業員の安全・健康管理面で行う対策 10.従業員の感染時における対策 細部に至る検討がされており、関わる皆様への配慮とお気持ちが伝わります

過去の特集の一覧   >

公式SNSをフォローする