地元を厚く!熱く!する!地元の事ならニュースウィズ

補助金・助成金・給付金・自治体独自情報一覧

知立市発表
2021/03/18
http://www.city.chiryu.aichi.jp/soshiki/kikikanri/anshinanzen/gyomu/1/1585649034456.html

令和3年度補助制度継続のお知らせ(令和3年4月1日受付開始)

本補助制度はについては、国・県が補助制度を継続することにより、知立市においても令和3年度も引き続き継続することが決まりました。
なお、補助金額などの補助制度の内容については変更ありませんが、対象者と受付期限に変更がありますので、お間違いのないようお願いします。

(注意)令和3年4月1日からの申請は、令和3年4月1日以降に安全運転支援装置を設置・購入した場合に限ります。

補助対象となる障害物検知機能付き安全運転支援装置を取り扱う認定事業者については、下記の「補助制度案内ちらし」を確認の上、ご自身の運転する車に取り付け可能かどうか、店舗に直接ご確認ください。(一部店舗では、取扱いを開始していない場合があります。)
※申請は、一人1台限りです。(令和2年度に申請した方は、令和3年度に申請できません。)
※車種、年式、車の状態に応じ、設置ができない場合があります。

・概要
高齢運転者による重大事故を未然に防ぐため、普段から使用している自動車に、後付けの安全運転支援装置を設置する場合の購入設置費に対し、補助金を交付します。
※装置を取り付けた後、申請書類を提出してください。

申請書は上記URLにアクセスのうえご確認ください。

・目的
高齢者のペダル踏み間違いによる交通事故防止と被害軽減を図ります。

・対象者
令和3年4月以降の申請分:令和4年3月31日現在で満65歳以上となる方(昭和32年4月1日以前生まれの方)

・補助金額
安全運転支援装置の購入設置費(消費税及び地方消費税相当を含み、国の補助金を除いた額)の8割(千円未満切り捨て、上限額は以下のとおり)が交付されます。※交付する補助金の一部は愛知県からの間接補助金です。
1.障害物検知機能あり 上限6万円
2.障害物検知機能なし 上限3万円
※設置に際して行った自動車の故障箇所の修理若しくは補修又は改良若しくは改造に係る費用を除く。

取扱(設置)事業者(店舗)について
補助対象となる安全運転支援装置の取扱(設置)事業者(店舗)は、次世代自動車振興センターが「後付け装置取扱事業者」として認定し、かつ愛知県内に店舗等を有する事業者となります。

事業者一覧は次世代自動車振興センターのホームページをご覧ください。
http://www.cev-pc.or.jp/support-car/atoduke-souchi.html

●ご注意いただきたいこと
1.事業者として認定を受けていても店舗では取扱いがされていない場合があります。
2.装置は、年式、車種により取り付けができない場合があります。

※事前に事業者までお問い合わせください。

お問い合わせ
安心安全課 防犯交通係
〒472-8666
愛知県知立市広見3丁目1番地
市役所3階16番窓口
電話:0566-95-0115

この速報を問い合わせる

公式SNSをフォローする